Wacca Farm

waccafarm.exblog.jp
ブログトップ

かくかくしかじか

c0127548_2262688.jpg

c0127548_2262993.jpg

ここ錦海寮のまわりの草花も例年より早い本格的な霜で、一気に枯れ果てた朝。

土に半分還っていたBlogも無事発酵が進み、再スタートの御運びとなりました…目出度い!

そしてそして、お芽でたいといえば…
ワッカファーム8周年!
末広がって8周年!
ようやく、まだ、ただ、もう、でも、8周年!であります。

来る日も来る日も土の上。
こがされ、こかされ、吹かれ、うたれ、まみれ、笑われ、とらわれ、放たれ、鼻垂れ、花食べ、8周年でございます。

これもひとえに皆様の…なんて挨拶なんかしてみたりして8周年でございます。

月日はあっという間に過ぎてイルヨウデ、答えのない日々の作業の繰り返し。

めぐる季節のめぐみに生かされて、次のめぐみに向ける日々。

問いと答えがいつも隣り合わせの土の上。

わかったようでいて、結局なんもわかってないのがわかった8周年。
もう、わかったって。


それにしても久しぶりすぎて…
書きたいことがありすぎると書けないものですね…

相変わらず、沢山の仲間達。
新しいスタッフ、一方古いスタッフ、猫、旅人、ミュージシャン、自称ミュージシャン、猫、ボランティアで来てくれる人、短期研修生、猫。
点と点が線になり天の下でダンスを踊るガイダンス。ざんす…


出会いがあれば別れもあって、ワッカファームの立ち上げメンバーの中心、ボス山羊のラビが旅立ちました。

山羊牧場の片隅で大きなヤギ達に踏まれてたラビ。

もうダメだよって手放されてたラビは、吉田家でミルクをもらい、布団の上でおしっこをし、ヤギ小屋ができてからは、二回の出産。

沢山のヤギミルク。

女の人には厳しかったラビ。

誰よりも長くワッカ谷に居たラビ。

僕の知らない真夜中のフクロウや、夜明けのイノシシや、台風の気配、通り雨、虹、木の芽の香り…
誰よりもワッカ谷を知り尽くしてたんだろうな。

ラビはワッカ谷の土へ還りました。そして、微生物や、草へと姿を変えて、生き続けるのやね。

お別れのようで始まりのようで。



野菜の極端に少ない今年の冬。
虫害、獣害、湿害でワッカファーム始まって以来の不作ぶり。

それでもまた春を描いて立つ百姓トリップ。実はトリック?

害を害と感じてしまう、まだまだ若百姓。
害から快へと旅を続けます。


そして、来週からは麦まき瞑想。

麦の儀です。
ワッカファーム牛窓農場が本格的に動き始めます。

来年の六月には、あのオリーブ園の展望台から黄金色に染まった麦畑を眺めるのです。必ずや。
宣言しました。やるしかない。

そして宣言ブームにのって、このブログも頻繁に更新します!


これからもよろしくおねがいいたします!
[PR]
by wacca_farm | 2013-12-06 22:02

ウタイナガラ育てた野菜


by wacca_farm